本文へジャンプ

プルーンの効用


 プルーンには、ビタミン類やカリウム、鉄分等のミネラルが豊富でまた食物繊維を多く含んでいるので、健康食品として注目されています。
 欧米では、その機能性の高さから、「奇跡の果実」とも「驚異の果実」とも言われ、朝食に食べる習慣があるほどなじみの深い果物です。


 プルーンには、下の表のように、ビタミンB1,B2そしてビタミンEのビタミン類が多く含まれ、またカリウム、カルシウムそして鉄分が多く含まれています。脂肪分ゼロ、コレステロールゼロの健康的な食品といえます。
栄養費成分
宮澤孝幸他著:プルーン 栽培から加工、売り方まで、農山漁村分化協会2004より


プルーンの栄養素の機能

■カリウム
 カリウムは、細胞の浸透圧の調節や活性を保つ役割を担っています。また、カリウムは、体内のナトリウムが過剰となったときに、ナトリウムを体外に排出して、血圧を降下するように作用します。


■カルシウム
 カルシウムは、骨の主要構成要素です。カルシウムが不足すると、骨がもろくなったり、神経が過敏になる症状があらわれます。


■鉄
鉄分が不足すると、貧血になったり、身体が疲れやすくなったりします。


■ビタミン類
 抗酸化物質であるビタミンEやビタミンCは、体と脳の老化進行を遅らせる働きがあることが分かっています。


■食物繊維
 食物繊維は、貧血・肌荒れ・整腸作用や便秘解消に効果があるといわれています。


■血液さらさら効果
 JA全農長野と山浦由朗(長野女子短期大学)は、2005年の日本ヘモグロジー学界で、プルーンには、血液サラサラ効果があるとの発表しています。

戻る