果樹園の四季


ボタン

 寒い冬を終えて、小さい緑を見つけると春が来たことを実感します。
 4月終わりから5月初めにかけて、プルーンの白い花が一斉に咲きます。早生種も晩生種もほぼ同じ時期に花が咲きます。

 この頃、一番の大敵は遅霜です。つぼみ・花・幼果が低温にさらされると受粉しなかったり、幼果が落果したりします。
 毎年程度の差はあれ、必ずといっていいほど遅霜にやられます。
プルーンの花
プルーンの花
プルーンの花
プルーンの花
 花が散ると、小さな実がいっぱい付きます。6月にはこの小さな実を間引いて適度な量にする「摘果」作業が始まります。
 この摘果作業により、秋に大きな実が付きます。
 霜が降りなくなると木の根元にワラを敷いて、草の発生を抑えます。有機物の補給にもなります。
摘果作業
摘果作業
小さなプルーンの実
小さなプルーンの実

ボタン

 草刈作業が大変です。ほぼ、2週間毎に草刈です。
特に土手の草刈が大変な重労働。

 夏には、ヒョウが降り、実が傷ついてしまうこともありますか、防ぎようがありません。
草刈
草刈
ヒョウの被害
ヒョウ害の果実
7月下旬には、スモモも収穫が始まります。完熟したスモモはプルーンよりも甘い。

 8月初めには、プルーンの中でも一番早く実るアーリーリバーの収穫が始まります。

スモモ
スモモ
プルーンの果実
プルーンの果実
 8月中旬から、サンタス・ツアー・マルガリータ等の早生種の収穫となります。

 8月の下旬には、秋雨に備えてビニールの雨よけを張り、雨にあたって果実が割れるのを防ぎます。
プルーン100kg
プルーン10kg
雨除けのビニール
雨除けのビニール

ボタン

 9月中旬からいよいよ佐久地方特産の「サンプルーン」の収穫の始まりです。
 実に付いているブルームという粉を落とさないように、丁寧に収穫します。戦争のような忙しさの始まりです。
サンプルーン
サンプルーン
収穫
収穫
 東京や横浜からも、収穫の手伝いに来てくれました。
 収穫したプルーンはその場でパック詰めして、次の日には出荷します。
パック詰め
パック詰め
子供達も手伝い子供達も手伝い

ボタン

 収穫が終わると、敷きワラ集めです。1反部あたりワラ100束程度必要です。

 10月末には、初霜です。
冬に備えての薪作りも欠かせません。
ワラ
これでワラ40束
薪割り
薪割り機
 1月には炭焼きが始まります。作った炭は細かく砕いて土壌改良材として果樹園に撒きます。  同時にとれる木酢液は、土に撒いたり、葉に散布して農薬代わりに使います。 炭焼き小屋
炭焼き小屋
炭焼き釜
炭焼きの窯
 1月末からは、雪の中でのせん定作業が始まります。

 -15℃の時も、気合を入れて家を出ます。
雪の我が家
雪の我が家
冬の果樹園
冬の果樹園

戻る